ブログ

「実家問題快決塾」開始の思い

更新日:

趣味が多く、道具や作品などを多く持っている両親に育てられ、子供のころから物の多い家の中で過ごしていました。コレクション(と言っても価値の高いものではない)も多く、両親が年とるにつれて、いつかはこれを片付けなければならないだろうと予想はしていたのですが、なるべく考えないようにしていました。そして、ついにその時が来たのです。それから7年間、頭の中には霞がかかったようにいつも片付けなければという思いと、どのようにしたら少しでも廃棄しないで、役に立てることができるかという思いに悩まされ続けました。その結果、遺品整理コンサルタントをやってみたり、着物試着販売会をやってみたり、リボーンという小物販売会を行ってみたり、様々な試みをすることになります。

個人事業主として、異業種交流会に参加して、様々な職業の方と知り合いになったことで、法律、リユース、介護、葬儀、相続などの知識が増えていきました。そんな折、JRO「日本リユース機構」に依頼され、「家財評価アドバイザー」資格を作成し、資格認定講師として活動することになりました。

自身の体験と身に着けた知識を専門家の目ではなく、一主婦として一般の多くの方に伝えていきたいと「実家問題快決塾」のワークショップを開始する決意をいたしました。主に仕事に生かしたいと多くのプロが受講する「家財評価アドバイザー」の内容を一般の方に向けたものに変えたワークショップです。教師としての30年間の経験を生かして、いらしていただいた方に親しみやすく、わかりやすくお伝えできるプログラムをご用意いたしました。

ワークショップでは、ファシリテーターとしてご案内いたします。決して一方通行のセミナー(講座)というイメージではなく、参加者の方皆様とお互いに情報共有できる場を提供したいと考えています。

 

ぜひ、オープンキャンパスにお気軽にお越しいただければ幸いです。

-ブログ

Copyright© 実家問題快決塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.