ブログ 不宝品

モノの賞味期限

投稿日:

賞味期限はモノにもある

賞味期限というのは

「おいしく食べられることを保証する期限

となっていますが、

これを食べ物以外に当てはめることも

できると思います。

賞味期限はいつまで?

使う機会があるものは賞味期限内でしょう。

ずっと使っていなかったモノは

賞味期限が切れていますよね。

この季節、わかりやすく、ひな人形を例に取ってみましょう。

1年に1回取り出して飾るものなので、

1年間使っていなかったわけですが、

毎年飾るのであれば、賞味期限内。

子供が大きくなったので、何年間も

飾っていないとなれば

賞味期限を過ぎているのではないでしょうか?

賞味期限を過ぎたものをどうする?

では賞味期限を過ぎたものをどうしたらいいのでしょうか?

ここで食品とは違う考え方をした方がいいと思います。

食品はおいしく味わえなくなったものを

誰かにあげるのは失礼なので、

捨てるということになるでしょう。

モノの場合は、その人にとっての賞味期限なので、

他の人にとっては賞味期限内に思えるかもしれません。

ほしい人、使いたい人がいるかもしれない

例えば、昨日知人と話をしていた時に

まさにお雛様の話になりました。

そこのお宅では豪華7段飾りのお雛様があって、

成長してからは出すのもしまうのも大変なので

飾らなくなっていました。

誰か使ってくれる人はいないかしら?と思っていると

老人ホームで使いたいとのことで差し上げたとのお話。

知人にとっては賞味期限が過ぎていましたが、

老人ホームの方には賞味期限内だったということでしょう。

 

-ブログ, 不宝品

Copyright© 実家問題快決塾 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.