片付け

写真(3)

投稿日:

リユースできない

三三:最近では社会の流れ的に、リユース、リサイクルがブームになっていて、

一般の人でもネットオークションなどを利用している人が多くなってきているわね。

四三:そうなんですよね。確かにまだ使える物を

使いたい人に使ってもらうことは捨てることよりいいですよね。

別の素材としてモノが生き返って、また利用できることもとても大切だと思います。

三三:写真はリユースできないモノの代表なのよね。

四三:アッ。確かにそうですね。ビデオや日記、手紙なども。

思い出のモノはリユースできないものが多い

三三:思い出の品というのはある意味個人的なものが多いでしょ。

四三:そうですよね。個人的なものだから思い出の品なんですもの。

三三:じゃあそれをどのように有効に使うかを考える。

それと同時に写真や思い出の品のそぎ落としの必要もあるのよね。

四三:同じ時の同じ人物の映っている写真が何枚もある場合には

どれか1枚を選ぶと言いますよね。

片付けの大前提

片付けの際はいつでも「必要なモノ」「不要なモノ」を分ける

とても大切な作業で、これを行いながら、自分の心の整理もしていくと

「不要なモノを捨てる勇気」が出てくるはず。

残した必要なモノに、不要なものとして処分したものの分も

活躍してもらいたいと思えば、

現在あるモノの大切さも感じるようになる気がするわ。

四三:そうかもしれませんね。残された少数精鋭の思い出の品に

思い入れが深まるような保存の仕方が必要になりませんか?

三三:まさにその通り。

少数精鋭の写真をどうするのかは次回以降にお話しましょう。

-片付け

Copyright© 実家問題快決塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.