実家

実家片付けの不安

投稿日:

実家と両親に関する漠然とした不安

それは両親が60代あたりから感じていたとお話しましたが、

その時は片付けに対する不安というよりも

バス停から急坂道と階段40段を上った先にある

愛してやまない実家に住んでいる両親の

20年後に対する不安でした。

今は元気で充実した生活を送っているけれど、

5年後、10年後、20年後・・・に同じように

過ごせる可能性は極めて少ないのです。

いつまでも元気だという錯覚

現在自分が10年前、20年前の自分とは違う

体力がない、集中力が続かないなど

かつての自分ができたことができなくなるという現実を見て

10年後、20年後を想像することができる人とできない人がいますよね。

両親は想像できていなかったので、その当時の生活を変える気持ちが

ありませんでした。

マンションのモデルルームを見に行った

母と一緒に、駅から便利で、平坦なと地に建つという

マンションのモデルルームを見に行ったのです。

もちろん「素敵だわね」とは言ったものの

今にして思えば、120%引っ越しをする気はなかったと思います。

その当時の私には両親の家に対する深くて強い思いを

全く理解できていませんでした。

実家の問題の根源はここにあった

結局親と子供の考えていることがすれ違ったまま、

会話をしていたということだったのです。

それに気づかないまま、お互いにやり取りを続けても

何も解決しなかったのですね。

実家が亡くなって(母が亡くなって)3年経って、

ようやくその事実に気づいた私です。

だから、今、

実家の親との話ができる方に伝えたい

お互いの心の中にある本心を見極めながら、

実家の問題を考える

ことをお勧めしたいのです。

 

 

-実家

Copyright© 実家問題快決塾 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.