片付け

手元に残すもの

投稿日:

ひな祭り

ひな祭りですね。

日本に伝統的に伝わる行事です。

女の子が健やかに育つように願う行事です。

その願いを雛人形を飾るという事で表し、

五目寿司などを食べながら家族で願い、祝うものだと思っています。

事情に合わせた別れ

昨年、私は祖母が自分のために(戦後子供たちを自立させゆとりができた頃でしょうか?)

京都で買い求めたと聞いていた小さな五段飾りのお雛様を

大切にしてくださる方にもらっていただきました。

私たち夫婦が将来のことを考え、都心のサービス付き高齢者住宅(6畳2間)に

転居するために持ち物を1/4くらいに減らさなければならなかったからです。

転居時に持ってきたものは、私に両祖父母が買ってくれたものと、

知人の方からいただいたものの3点のみ

 

今、今後必要なモノの選別

その他のものはすべて大切にしてくださる方にお渡ししました。

「我が家でのお役目は十分果たしてくれた」と感じています。

そんな狭い部屋にもやっぱり持ってきたもの。

それは寿司桶(形はちょっと変わっていますが)

木が水分をいい具合に吸い取ってくれます。

母から受け継いだもの。

必要なものは手放さず。
今後のために、手放す選択をするものもあります。

将来を見据えた片付けには必要な選択です

 

実家問題快決塾 オープンキャンパス

日時   3月11日(日)11:00~13:00

場所   鎌倉 tsuu  鎌倉市小町2-23-6

http://tsuu-cafe.jugem.jp/

参加費  5,000円(2月中申し込み限定4,000円) ランチプレート(ソフトドリンク付き)
募集人数 4名

-片付け

Copyright© 実家問題快決塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.