ブログ

言葉が出にくくなった父

更新日:

ある日突然に

 

親が病気になったり、入院したりすることがある

とは頭ではわかっていても「今じゃない、いつか将来のことだ」と

向き合わないようにする

のが、普通の人ではないでしょうか?

まさに私はそうでした。

その日はやってきた

いつ、どのような形でやってくるのかわからない

親の病気など。

新聞を取りに行って、そのまま

入院した父は、集中治療室で脳梗塞を起こし、

最初は異様な食欲でした。

が、そのうち口の中が麻痺し、

食べ物が食べられなくなり、点滴になってしまいました。

意思はあるのに、口が動かずしゃべれない父に

「あいうえお」表を作っていって、意思疎通を図ろうとしましたが、

体力がない病気で高齢の父には、それを指さしてまで

伝えようとする程の内容はなかったのかもしれません。

意思疎通ができなくなる

できるうちに必要なことを共有しておくことが

本当に大切だと思います。

現代は核家族、仕事を持っている両親と

塾、部活で忙しい子供たち。

なんということもない家族団らんでの

会話が少なくなっているだけに

伝えられないことがたくさんあるのですね。

今のうちに伝え合い

気取らず、構えず、今、語り合い、

情報を伝え合いませんか?

-ブログ

Copyright© 実家問題快決塾 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.