次回セミナーのお知らせ

2度目の遺品整理(2)

実家の片付けには7年半かかりました{%トホホwebry%}

しかし、それだけかけたので、
見ていないものはないと思います。
すべてのものを見ました。

押し入れのプラスチック引き出しの中から出てきた
きれいな柄のついた紙の箱(多くはお菓子の箱)を開けると

指の腹を使って伸ばしたチョコレートの包み紙
というようなものが多くありました。

母だけではなく、今回の義母も
段ボール箱に長い筒状の包み紙がありました。
広げてみると、きれいな模様の包装紙です。

きれいな缶を開けると、しわを伸ばして、
くるくると巻いた色とりどりのリボンが
出てきます。

綺麗なものを捨てられず大切にとってあったのです。

こうしたものは実母も義母も
ほぼ同じです。

今更ながら、2人は同じ世界の人だったのだと
思いました。

それは大正時代の終わりから、昭和一桁の頃の
人の特徴かもしれません。

遺品整理は時代を感じる作業でもあるのです。

コメント